コメントアウト--> むじログ |確かに笑わせてもらった「笑う大天使」
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
確かに笑わせてもらった「笑う大天使」
体調が悪くて寝ていたらこんな時間に。

「笑う大天使」の舞台挨拶では、始まる前に司会がガチガチで噛みまくってて「大丈夫か?」とおもっていたら、主演の上野樹里さんと監督が登場の際「それでは、司城史緒役の上野樹里さんと小田一生監督を拍手で迎えてください」と言って、喝采の中二人が壇上へあがったけれど、通常司会が「ようこそいらっしゃいました。まずは自己紹介をお願いします」とか言うものなんだろうけど、心配していた司会の女性はその間無言・・・

上野さん「・・・あれ?」
監督「いいんじゃない?」
そして会場から失笑がもれる。

上野さん「・・・無言?・・ですか?」
と意表を突かれた感じ。あわてて「はるばる埼玉までようこそ」みたいなことを言う司会者。そして自己紹介を始める二人。
あーあ、やっちゃった(汗)

そんな不安な出だしで始まった舞台挨拶は、おもったよりもいろいろな話が聞けた。
あまり優秀な脳みそではないので、印象に残ったことを。

この先はネタばれ要素もあるため「続きを読む」をクリックして、見たい人だけどうぞ。
念を入れて本編の感想部分は文字色が背景にとけ込ませてあります。

FC2 Blog Ranking
(舞台挨拶の)主役の二人の巧みなフォローで、舞台挨拶は終始とても和やかな雰囲気で進んでいった。

今回の苦労話として、初のワイヤーアクションに挑戦したことや、大半の背景をCG合成するためにグリーンバックで目に見えないモノを想像しながら演技することにとまどったというような話をしていた。その後の本編を見たら、「あ~これは困っただろうなぁ」というシーンが多々あった。
グリーンバック撮影時の話をしているときに「景色も見えない、風も当たらない」と上野さんが言っていたが、その後監督に話が振られたときに「風は当ててましたよ」と言われて思い出したのか「そういえばレフ版で扇いだり扇風機が当たってましたね」と語っていた。レフ版にそんな使い方が!?(笑)
って結構見かけますけどね。撮影現場が暑いときにレフ版で俳優さん扇いでるスタッフとか。

また、監督のお勧めポイントとして、ダミアンという黒い犬の存在と、優等生役の平愛梨さんがシーンの中で見せる表情に注目してほしいということを挙げていた。

二人を初めて生で見たけれど、上野樹里さんはどこにでもいるような普通の女の子で、小田監督はどこにでもいるような大学生のような印象。観客が親近感を覚え非常に感情移入しやすいキャスティングがしっくりくるのは、そのせいかもしれない。

映画を観る前に見ておくと良さそうな作品はこちら
ぼくの魔法使い DVD-BOX
ぼくの魔法使い DVD-BOX

笑う大天使(ミカエル) (文庫)
笑う大天使(ミカエル) (文庫) 映画「笑う大天使」オフィシャルフォトブック
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション
スウィングガールズ スペシャル・エディション
スウィングガールズ スペシャル・エディション

---↓本編の感想はここから---文字を反転してご覧ください
本編は、CGが上手く使われている。
主に使われるCGは3つに分類されるように思う。
神話ストーリーの説明時に使われる版画調のアニメーションが一つ。
あと、明らかにCGとわかるVFXが一つ。そして、実写にとけ込むように作られた精巧なものが一つ。

撮影を行ったのは2月のハウステンボスということで、草木は枯れており緑の葉っぱはもちろん、チューリップすら咲いていなかったとのことだが、劇中では鮮やかな春~初夏のような色彩にあふれた情景が広がる。
一見するとロケのままのように見えるが、若葉が繁る様子や花が咲き乱れる様子は全てCGである。これが、実写にとけ込むCG。
枯れ木だらけの様子などは公式の撮影日誌を見るとわかります。

昨今のVFXは、実写と見間違うばかりのリアリティのある表現を追求するものが多いなか、この作品では対照的に「いかにもCGっぽいCG」を効果的に使うことで、実写を補完しているCGの存在を感じさせない。

また、後半のクライマックス部分で史緒が巨大化するのだが、この巨大史緒は素人が見てもすぐにCGとわかるもの。
やろうと思えばウルトラマンやゴジラのように実写のまま縮尺を変えて合成ということもできるとおもわれるけども、それをやらないのが逆に新鮮だった。

原作は全く知らないが、それでもそれとなくストーリーに入り込みつつ、楽しめた。ただ、主人公達が身につけるパワーの成り行きがよくわからなかった。原作を知る知り合いに聞いたら原作では薬をのんでパワーアップするらしい。

ストーリーや特殊効果以外では、要所要所に、もしかしたら私の勘違いなのかもしれないけれど、いろいろな映画のオマージュのようなシーンがあった。キル・ビルっぽいのとか。。
アクションシーンでは「少林サッカー」や「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー作品のような爽快感とバカっぽさが感じられた。
映画館では珍しい、笑い声が客席からぽつぽつと聞こえてくる、非常に楽しい作品だった。監督曰く「優しい気持ちになれる映画」である。
久しぶりに映画でたっぷり笑わせてもらった。
そして、チキンラーメンが食べたくなった(笑)

CGについては、本人のやる気と記憶力があれば、実例を載せることがあるかもしれない(ない可能性が高い)


FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mujik.blog50.fc2.com/tb.php/97-0a4055c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

笑う大天使(ミカエル)(映画館)

ようこそ、乙女の園へ。CAST:上野樹里/関めぐみ/平愛梨/伊勢谷友介 他 ■日本産 92分舞台挨拶付きで初日に観に行ってきたわよ~。おかげで1800円も払ってしまった・・・。登場したのは主演の上野樹里ちゃんと小田監督の2人。開始時間を10分遅れて開始。なんとなく段取 ひるめし。【2006/07/16 13:13】

笑う大天使(ミカエル)

笑う大天使http://www.michael-movie.com/庶民である司城史緒は突然母を亡くし兄である一臣と再会。そして由緒正しいお嬢様学園に入学したのでした・・・何なんだこれは?例によって原作を知らないので何ともいえないのですが堅苦し 勝弘ブログ【2006/07/28 02:10】

「笑う大天使(ミカエル)」おチキンおラーメン長いこと食べてないな

「笑う大天使(ミカエル)」★★★上野樹里 、 伊勢谷友介 、 関めぐみ 主演小田一生 監督、2005年貧乏で過ごしていた少女が実は伯爵家の令嬢だった。伯爵家に移り、これまでと全く違う生活が始まった。そして通うは聖ミカエル学園、お嬢様ばかりが... soramove【2006/08/24 08:14】
TOP
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。