コメントアウト--> むじログ |フィッシュストーリー&ソロコンテスト
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
フィッシュストーリー&ソロコンテスト
今日はユナイテッド・シネマ浦和にて、舞台挨拶つき
「フィッシュストーリー」の上映と、ただの先行上映だと
思ったら舞台挨拶があった「ソロコンテスト」を鑑賞しました。

「フィッシュストーリー」では多部未華子さんと濱田岳さんの二人が、
「ソロコンテスト」では主演の二人、金澤美穂さんと三吉彩花さんに加え
音楽を担当された谷川賢作氏、そして監督の下条岳さんが舞台挨拶をされました。
「ソロコンテスト」の金澤さんは映画「容疑者Xの献身」で犯人親子の娘のほうを演じていました。
三吉さんは女の子向けのファッション雑誌のモデルさんだそうです。
何かのCMにも出てましたよね。見覚えがあります。
「フィッシュストーリー」の舞台挨拶では、可愛らしい服装の
多部さんと、ちょっと挙動不審気味な(笑)濱田岳さんのギャップが面白かった。
舞台挨拶としては二人とも上手く進められていたと思う。
「笑う大天使」のときの主役舞台挨拶はグダグダだった。

「浦和という町についての感想は?」と聞かれた際
濱田さんの話が終わって誰もが次は多部さん、とおもったら
司会の人が次の質問に進んでしまったのは少し残念。
多部さん何か話したげだったのに。。
(司会の人がスルーしたときに「あれ?私は?」というように自分を指さしてたけど司会者見てなかった)

濱田さんはドラマや映画でよくやっているような
テンション高い社交的な感じではなく、始終もじもじしてた。
カメラが回っていないとシャイなタイプのもよう。
舞台挨拶では素の部分が見られるのが面白い。

「ソロコンテスト」の舞台挨拶は、私は最初知らなかったのだけど
そろそろ入場だとおもって劇場に向かってみたら、何やらマスコミが
数名いた他、プレス向け受け付けが設けられたり、騒がしくて
何事かと思ってスタッフに聞いて判明。
チケット自体はオンラインでかなり前に買っていたけど
そのときは「新作映画の先行上映」としか思っておらず
こんなおおごとになるとは思わなかった。

それに加え、映画に協力したのが県内のいくつかの中学校で
意外と大勢の在校生がエキストラ参加していたらしく
出演した本人か、あるいはその友達らしき学生も結構いた。

舞台挨拶が始まり、主演の二人と音楽担当、監督が登場。
メインの二人のうち、才能があるけど内気な転校生・雨水風花役の
三吉彩花さんはなんとまだ小学生(この春卒業)だそうで
劇中では中学二年生の役なのだけど、あまり違和感はなかった。
とても静かで大人っぽい感じのある子です。

ポジション的には主役格となる阿部アリア(最初阿部マリアだとおもったら違った)
を演じる金澤美穂さんは、劇中は冒頭とラスト近く以外では
あまり笑顔を見せないのだけど、舞台挨拶中は緊張のせいか
少し表情は硬かったけども終始にこやかで、こちらは役と同じ
14歳ということで役には入りやすかったようである。
後半でギターパーカッションをやるシーンがあり、サックスと
同じく未経験だったが楽しく出来たと語っていた。
監督曰く、主演二人は最初の一日でサックスの(まともな)音が出せたらしい。
私は金管楽器全般とフルートは一応吹いたことがあるのだけど
サックスやクラリネットなどのリードを使うタイプの木管は経験がない。
なのでどの程度の難易度かはわからないのだけど、多分そこそこ難しいのだろう。
フルートは楽器フェアで試奏コーナーで吹いて簡単な曲はできたんだけど。
オロナミンCの瓶で音を出して遊んでいた経験が生きたのかな?(笑)

話を戻そう

監督は21歳の超新人で、中学時代吹奏楽をやっていたとのこと。
その経験からこの作品を作ろうと思ったらしい。
さすが21歳、舞台挨拶は緊張していたのか言葉がなかなか出てこなくて
しばしば詰まっていた。(もしかしたら語彙が少なかっただけなのかも)
音楽担当の谷川氏とはテーマ曲についていろいろと試行錯誤を繰り返し
最終的に良いものが出来たと語っていた。
実際聞いてみると、フルートの高音が綺麗に響き、短いけれど耳に残る良い曲だった。

主演の二人は劇中で一時距離を置くようになるが
カットがかかると仲良くおしゃべりをしたり、和やかに過ごせて
楽しかったとのこと。
舞台挨拶中も和気藹々としていた。
肝も据わっているし、将来楽しみな女優かも。

最後にユナイテッドシネマ浦和の担当者より監督に花束が渡されて
舞台挨拶は終了。いよいよ上映となった。

なお、事前にまったく知らなかったけども、上映時間はわずか38分。
テレビCMもやってたので普通に全国公開されるものかと思ってたら
サイトを見たところとりあえずこの三日間だけユナイテッドシネマ浦和
でのみ上映とのことで驚いた。
ただ、スタッフに聞いたところ評判が良ければ長編の制作にもかかる予定とのこと。
是非長編になって全国公開してもらいたい。
できればサックス以外のパートも出して欲しい。

長編になってもらわないとサントラが出ないからね。
サントラ出して欲しいのですよ私は。
じゃなきゃテーマソングだけ着うたフルでもいいです(こらこら)


そういえば、フィッシュストーリーのほう、舞台挨拶が終わった途端
劇場を後にする馬鹿者が数名いてがっかりした。

あれはせっかく挨拶にきてくれた出演者にも失礼なこと。
カメラマンとかは撮るのが仕事だから終わったら撤収するものだけど
観客として来ているのだから、最後まで映画本編を観るべき。
映画を観る気がないのなら来るな!kao07
あと、ヱヴァンゲリヲンの予告編だけみて帰った人もいたなぁ。。

フィッシュストーリー本編中にいびきかいてた人も勘弁してください。
静かなシーンだから余計気になった。
眠いなら家で寝てこい!kao07

そろそろ本編の感想を、とおもったけれど長くなりすぎたので
次の記事で書きます。


フィッシュストーリー公式サイト
http://fishstory-movie.jp/
ソロコンテスト公式サイト
http://www.solo-con.jp/

ユナイテッド・シネマ浦和


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mujik.blog50.fc2.com/tb.php/481-f6689ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。