コメントアウト--> むじログ |ヤッターマン鑑賞
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ヤッターマン鑑賞
ヤッターマン実写版、観てきました。
アクションシーンが多いので、子供も楽しめますが
どちらかというとやはりオリジナルのアニメ版
ヤッターマン放送時の子供、つまり現在30代以降の人が
観るとにやりとしてしまう要素が随所にあります。
例えば、オープニングでは懐かしいあのキャラとか
このキャラとかタツノコプロの人気キャラが随所に
ちりばめられていました。
他にも細かい小道具がアノキャラだったりします。

ヤッターマンパンフとTシャツ
初日先着50名プレゼントのドクロTシャツとパンフです
TシャツはMサイズなので着れません(苦笑)

以下、多少ネタばれありです。

意外とお色気要素(及び下ネタ要素)が多めだったので、
あまり小さい子を連れて家族で観ると、家に帰ってから
質問攻めにあうことでしょう。
隣はお母さんと娘さんの二人だったのですが
お母さん苦笑いしてました^^;
福田沙紀扮する2号が、敵の攻撃を側転で交わすのですが
タイトなパンツで大開脚祭りなので鼻の下伸びてる
人も居たかもkao02
まぁ側転してるのはスタントマンじゃないかと思うのですが。

ドクロベーはもちろんあの方の声なのですが、あるシーンに
昔のアニメの声優さんが特別出演されてます。しかもかなり長めに。

ドラえもんに深く関わりがある方々なのだけど
ドラえもんの映画と同じ公開日の違う作品に出てるのが面白い。
ちなみに、ヤッターマンとドラえもんとでこの方々が演じたのは以下
(反転して見てください)
ドロンジョ:のび太
トンズラー:ジャイアン
ヤッターマンとドラえもんでは威張ってるほうと従うほうが
逆なのですよねkao03

あと、肩を並べてもう一人年配の男性がその声優さんと一緒に
出てきますが、この方は元タツノコプロの方で、オリジナルの
ヤッターマンのチーフディレクターをされた方です。
すごいカメオ出演です。必見!
あとは「説明しよう!」の人は出たがりなので今回もやっぱり出てました。

内容としては、アクション5割、妄想シーン3割、ラブラブシーン1割
おしおきだべー1割といった感じ(笑)

監督の三池崇史さんは、あの「ゼブラーマン」の監督でもあり
昔ながらのヒーローものという意味ではアレに近いです。
大半が笑えるシーンで、その中にちょくちょく感動を、というスタンスは健在。
SFXも、原作が漫画なのでやたら超人的な動きがあるかとおもえば
時にすごく現実的なところがあってそれもまた笑える。
例えば、ヤッターワンの両側に1号と2号は腕力のみでつかまるが、
他に同乗者が居た場合果たしてその人はどこに乗るのか?
そんな疑問を「ああ、そうなんだ」と
思わず吹き出してしまう描写で解決しています。

本来重要であるはず依頼人にあたる人が
かなり散々な扱われ方をしているのですが
本人も周りも気にとめないあたりはアニメ的です。

それとクライマックスシーンを観ていると
なぜかスターウォーズのエピソード6を思い出しました。
わかる人はわかるでしょう、きっと。

全体的にテンポ良く進んではいくのですが
終盤に妄想シーンやスローモーションでのいちゃいちゃシーンが
しつこくなり、ちょっとテンポが狂うのが気になりました。
あとは終盤の阿部サダヲがキモイ(笑)
下手すると小さい子泣きます^^;

タツノコアニメの実写化といえばキャシャーンが残念な出来でしたけど
ヤッターマンはいいところを付いているし単純明快なので
ヒットしそうです。ドラえもん長編にぶつけてくるだけはあります。
そういえば予告編でキャシャーンの監督が手がけるGOEMONが
ちらっと流れてました。やっぱり映像はあんな感じです。
今回は成功するといいけど・・・

来週のドラゴンボールエボリューションが気になるところですが
ヤッターマンはオリジナルを良い意味で生かし、新しい要素もマッチして
観やすい映画でした。ドラゴンボールのほうは原作者が監修してますが
チラシの文言では「全く新しいものとして観るのが楽しめる」とあったので
別物として全く期待しないで観るのが良いかもしれませんね。

あ、そうそう。エンドクレジットはダイジェスト映像込みなので
席を立ちづらいとおもいますが、次回予告が流れるので
席を立つと損します。
(単なる次回予告なので本当に続くわけではない・・のかな?)

本日はユナイテッドシネマ浦和にて鑑賞
シートとシートの前後の空間が広いのでゆったりできて良いです。
ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト
関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mujik.blog50.fc2.com/tb.php/475-8ff8097b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。