コメントアウト--> むじログ |VMwareFusionでBootcampディスクから仮想マシンを使うときの不具合
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
VMwareFusionでBootcampディスクから仮想マシンを使うときの不具合
販売元から特に情報が出ないままなので覚え書きのつもりで書いておきます。
VMwareFusionをMacにインストール後、既にBootcampを利用していて
Bootcampのデータから仮想マシンを作った場合、その後にBootcampだけで
Windowsを起動すると、キーボードレイアウトがUS配列に誤認識されることがあるのですが
こうなった場合、レジストリでキーボードレイアウトを無理矢理戻してやる必要があります。
チェックすべきキーは以下
・LayerDriver JPN(kbd106.dll)
・OverrideKeyBoardIdentifier(PCAT_106KEY)
レジストリエディタから検索でみつけちゃうと早いです。
で、上の該当する名前が106じゃなく101になってる部分があったらそこを106に直します。
これで再起動すれば次の起動からはばっちり日本語キーボードとして認識されています。
※レジストリエディタを使う場合、変更するキーのみや全体をあらかじめバックアップしてからやるのが良いです。何かミスって余計におかしくなっても責任持てません。

以上。
関連記事

テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mujik.blog50.fc2.com/tb.php/356-aa35a244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。