コメントアウト--> むじログ |インディジョーンズ クリスタルスカルの王国 鑑賞
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
インディジョーンズ クリスタルスカルの王国 鑑賞
インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国

日曜日の朝一番で新作を観てきました。
旧三作の頃はまだ小学生ぐらいだったので、映画館では観ていなかったので
今回がシリーズ初めての劇場鑑賞です。
話としてはレイダースと繋がっているようなのですが、そのあたりをうろ覚えでも楽しめました。
クリスタルスカルが何であるか?ということについては、勘のいい人であれば冒頭でわかってしまうのですが
それでもスクリーンに釘付けでした。

コンスタンティンで好奇心旺盛な若者を演じたシャイア・ラブーフが新キャラとして登場します。
トランスフォーマーはブルーレイが出るまで観ないことにしてるので、トランスフォーマーでの
演技は知らないけど、「主人公のバディ(相棒)役」という点ではコンスタンティンでの配役と似ていた。
きっと今後も「好奇心旺盛で正義感の強い青年」役に抜擢されるんだろうとおもう。

今回も冒頭はいきなりのピンチから始まります。
「こりゃ絶対死ぬでしょ」っていう状況で擦り傷程度しか負っていないという、強靱すぎる肉体は健在。


ここから何回かに分けてあらすじと感想をかきますが、映画雑誌の記者のようにネタばれをしないでまとめるという能力はないので
おもいっきりネタばれします。続きを見る人だけ「続きを読む」を押してください。
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

パラマウントピクチャーの女神様にかぶせて可愛いプレーリードッグが顔を出します。
と、とっさに顔を引っ込めた上を猛スピードの車が通過。
若い男女が乗っているその車は、前方に見える軍隊とおぼしき車列をみつけ、競争をしようと煽り
先頭にいた車がちょっとだけ挑発にのってアクセルを踏むけれど、軍用車たちはそのまま若者達とは
別の方向に曲がっていく。

隊列が到着したのは、どうやら軍の基地の関門のような場所。
「兵器実験が行われるので24時間は誰も入れない」と制止する警備兵に対し、
返事の代わりに一斉射撃を浴びせる兵士達。
(ここの射殺される警備兵のセリフを憶えておかないと、このあとのインディのピンチに気付くのが遅れます)

彼らが先へ進み到着したのは大きな倉庫。51という番号が・・・・そう、ここは有名なあの場所です。
彼らが話す言葉は英語ではなく、ロシア語。兵士の名前がなんとかコフというところから、ソ連軍であることが判明。
車列の先頭にいた車の後部トランクから、なにやら中年のおじさんが出され、そして帽子がころころ・・
やっとここでインディが登場します。先に出されたおじさんはマックといい、インディの戦友とのこと。
なんとかコフさんが自己紹介をしたあと、ここで敵のボスであるイリーナ・スパルコ大佐登場。
目的のものについて説明を始めます。

「ここには米軍が秘密裏に隠しているものが収められた倉庫。ロズウェルで回収されたものもある。
ジョーンズ博士、あなたは前にあるものを発掘した人間の一人なんだ。」
詳しい言い回しは忘れたけどこんなん。
多分旧三作を観ている人はここらでわかるのでしょうが、ここは「レイダース」のラストに出てきた倉庫のようです。
そして、あのときインディが発掘して、最終的に回収されたものといえば・・・・・そう、アレです。
作品のサブタイトルにもなっているアレですね。
ただ、今回の狙いのものはアレではなくて、ロズウェルで回収されたもののようです。

要するに、何千もある箱をいちいち探すことは難しいから、古代のものに詳しい人間に探させれば多少速いんじゃないだろうかという、そんな理由でさらわれたようです。

あらゆる銃器をつきつけられている状況なので、ノーと言うわけにもいかず、渋々探しはじめるインディ。
目的の物は磁力を帯びているとのことで、インディは火薬(鉄分が含まれる)と散弾(弾丸の中に細かい金属片が入っている)を蒔いたり、転がしてその向かう方向によって目的の物を見つける。
強力すぎる磁力に彼らが手こずっている間にインディはムチと銃を奪い、銃口を大佐の頭に向けて
「武器をおろさないと大佐の頭が飛ぶぞ」と一喝。いったんは武器を下ろそうとした兵士達が再び
銃を構える。
「あれ?」と後ろを向くと、マックの銃口はインディに・・・・寝返りましたこのおじさん(笑)
「銃を捨てろ」といわれて、インディは銃を足下に・・・落とす。安全装置を外したまま。
はい、暴発します。その混乱に乗じてまんまと脱出するインディ。レイダースマーチに乗って
おおよそ年齢とは見合わない華麗な動きで窮地を脱出・・・・・

冒頭の大きな見せ場はこんなかんじ。このあとにインディの不死身ぶりを再認識させられるシーンがありますが、それは劇場でご覧あれ。
関連記事

テーマ:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mujik.blog50.fc2.com/tb.php/340-fa07c4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。