コメントアウト--> むじログ |アンフェアと踊る大捜査線が似てる点
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
アンフェアと踊る大捜査線が似てる点
この記事は一部ネタばれになるやもしれない記載があります。

文字色をその部分はバックと同色にし、なおかつ続きの記事にします。
ご注意ください。

アンフェアthe movie」と「踊る大捜査線THE MOVIE」(および2)には、演出や設定が似ているシーン、あるいは共通点があります。
ただしこれは私が勝手にそう思ってるだけなので、意図的なものかどうかはわかりません。

ネタばれOKな人のみ「続きを見る」からどうぞ。

○タイトルバック
踊る大捜査線(以下OD)もアンフェアも、タイトルバックに
伏線となる情報がいくつか含まれています。
アンフェアはサブリミナルのように短時間に多くの情報が盛り込まれています。
どの映画でも使われることはある手法ですが、OD2の特報映像と似ている印象がありました。

○エンドロール
劇場で観る場合の話ですが、エンドロールの時点で席を立つと楽しみが減ります。
OD1,2はエンドロールに小ネタカットが入っており、アンフェアはエンドロールの後にアンフェアドラマシリーズでおなじみのシーンが入っています。

つくづく思うのだけど、映画のエンドロールが始まったとたん退場する人は損だ。そんなことするならDVD出るまで待って家で観ればいいのに。

○警察上層部の会議映像
警察上層部が集まっている場所が映るシーンがいずれの作品にもありますが、どちらも大きな会議室に液晶ディスプレイがずらりと並んでおり、中央前方に対策本部(?)と繋がる大型ディスプレイがあります。

○大量に集まる車両
本広監督の作品でおなじみの演出です。
大量の関係車両がこれでもかと集まります。


○女の子
アンフェアの主人公、雪平夏見(篠原涼子)の娘・美央役の女の子(向井地美音)は、OD2で重要なシーンに関わる詐欺犯の娘・里香子を演じていました。
アンフェアでも本筋の事件に見事巻き込まれます。

○閃光炸裂弾(正式名称不明)
OD2でキーとなるアイテムですが、アンフェアでもこれをなぜかとある人が使います。
その人の役職では持っているはずがないのですけど。。。

○死んだようで死なない
重要人物が瀕死の状況で、そのまま息を引き取るかのように
おもわせて、数秒の沈黙の後に実は死なないというシーンがあります。

無理矢理なこじつけみたいなところも多々ありますが^^;

また、ネタばれついでに映画の気付いた点と個人的な感想を書きます。

・雪平が銃を撃つとき、撃たないとき
引き金を引くときには指をかけ、撃つ意志がなければ指をかけない

・エンドロールのあとに登場する狙撃犯
これが誰かを知るには、劇中の登場人物の服装や装備を覚えておくと良いです。
この時点で生き残っている人間ではあの人かなと私は思いますが。
あれはたぶん、雪平が撃たれるのを阻止するために陰で支援していたんじゃないかと思う。裏切ってしまった罪滅ぼしもかねて。

エンドロール前のシーンにて、雪平のお父さんの事件と今回の事件の関わりを語るシーンでは深くを語らないのですが、
映画を観る人がすべてがすべてドラマシリーズや特番を観ているわけではないので、これはこんなもんでいいかなと思う。

携帯電話のアラームをおとりに使う手口は、「ホワイトアウト」でも使われていましたけど、オマージュなのか偶然似たようなものになったのかはわからない。

警察病院の地下で化学兵器を精製している設定は強引すぎ。

物語には関係ありませんが、PCにソーテック使うのはやめたほうが・・

パンフレットの裏表紙のデザインがトゥームレイダーに似てる。

とりあえずこんなところで。


関連記事
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mujik.blog50.fc2.com/tb.php/256-a9bd8ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。