コメントアウト--> むじログ |観た映画
むじログ
映画、音楽の話題から日常の出来事まで、アレコレ書き殴りブログ
このブログはSafariおよびGoogleChromeで表示確認を行っています


自転車の話題をアメブロに分離しました
Notice

----
RENT関連記事一覧
---
お気に入り商品


QRコード

ブログ内検索

最近の記事

PR

RENT関連

2010 東宝RENT
公式サイト
公式ブログ
-----
個人サイト

without you
映画版からRENTにハマった
himikaさんのブログ
新着情報はここを見ればいいかんじ
-----
Ordinary Days
旅がお好きなRENTヘッズ
amiさんのブログ
-----
-情報サイト-

Musical RENT Official Web Site (US)
本家RENT公式
(米国)

RENT
ブロードウェイツアー

イープラスの特集ページ

レントジャパン1999情報ページ
RENTジャパン公演情報('99)

Wikipedia -RENT-
作品の概要紹介など


---


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSS

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
おすすめ映画「ブラック・ハッカー」
近所に映画館はあるものの、最近はAmazonビデオなど好きな時に自由に観られる
オンデマンド配信を観ることが多くなった。こういったサービスでは視聴履歴などに
基づいてちょくちょく関連していそうな映画が紹介されるが、今回紹介する作品は
こういったサイト側のおすすめ映画として発見し、何気なく視聴したが面白かった。

タイトルは「ブラック・ハッカー」(2014/原題:OPEN WINDOWS)ということで
第一印象としてはありがちな違法ハッカーの武勇伝なのかなとも思ったが、鑑賞を
はじめるといきなりホラー映画のようなテイストで、時折シャッター音とともに画面が停止する。
この演出には当然意味はあるのだが、シャッター音が続くシーンがちょっと長くて
人によっては早速観る気が失せ始めるかもしれないが、しばし耐えてほしい。

その後の展開は一見して「普通のオタク男性が事件に巻き込まれて犯人を追う」
というようなものなのだが、終盤は大きなどんでん返しがあり、なかなか楽しめる内容である。
なお、途中一部シーンでヒロインが半裸になる箇所がある他はほとんどシリアスな
トーンで進んでいき、時間を忘れさせてくれる展開で飽きずに観ていられる。

主人公を演じるのはロード・オブ・ザ・リングシリーズのフロド役などでお馴染みの
イライジャ・ウッドなのだが、実は映画のエンドロールを観るまで当人だと気づいていなかった。
最初見始めたときはてっきり新人起用のB吸作品だと思っていた(笑)

冒頭からあちこちに様々な伏線がちりばめられていて、ミステリー好きな人なら
気に入るのではないかとおもう。一部伏線は劇中でも種明かしをしてくれる。

ほとんどジャケ買いのような感覚で観たのだが個人的には大当たりの作品だった。
DVDレンタルもされているし、AmazonビデオやiTunes Storeでも観られるので
是非ご覧いただきたい。

【iTunes Store】
 

【Amazonビデオ】



スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

TOP
GANTZ PERFECT ANSWER 鑑賞
GANTZ PERFECT ANSWER観てきました。
やっぱりというか、デスノートなどのように前編の
おさらい的映像が最初に入ってましたね。

オチはなんとくわかってはいたものの、原作を読んでない
人にもそれなりに納得できるものだったかと。
ただまぁ・・・「星人どうなったのよ?」ていう
疑問が残るわけなんですが。
もしかしたらあれはドラゴンボールZのようにああしてこうして
(以下略)

前編にくらべるとアクションが多めなのですが
戦闘シーンは画面が暗いので目が悪い人は前のほうの座席じゃないと
どんな動きしてるのかわかりづらいかもしれない。
血まみれの人を映したときのショッキング度合いを軽減する
意味もあるんだろうけど、画面が暗いのは。

新メンバーは原作でいう大阪チームみたいなポジションでしょうか。
戦闘慣れしてて純粋にゲーム楽しんでる人達。西君のように。
それでもラスボスといってもいいぐらい強い加藤星人には
まるで太刀打ちできないのですが。あれ原作のぬらりひょんより
強いししぶとい。姿がどんどん変わるって意味ではぬらりひょんだけど。
ボディダブルを使って撮影してんだろうけど加藤vs加藤の斬り合いは
結構激しくて合成大変だっただろうなぁと思った。
(パンフ確認したら本人が二役でモーションコントロールカメラ使用とのこと)

黒服のノーマルボス(?)も強かった。
あの人仮面ライダー555のスパイダーオルフェノクの人だったようだ。
戦闘好き好き敵キャラがよく似合う人だこと。
特殊効果交えてるんだとおもわれるけどとんでもない動きしてた。

予算がそんなに無い中、予算をできるだけ特殊効果に回そうとして
ボランティアのエキストラ集めまくったりした甲斐があったと
言える戦闘シーンになってます。民間人役ばったばったと
やられていくのは原作の渋谷乱射のエピソードを彷彿とさせる。
終盤はGANTZらしいというかPG-12らしいシーン満載なので
できれば小さな子供は連れて行かない方がいい。
それと震災で被災した人もできればまだ観ない方がいい。

概ね「まぁいいんじゃない?」ていう出来。
デスノートもそうだったけど原作完結前に別の終わり方を
考えるのは難しいだろうし。
前編の冒頭で玄野が面接のために繰り返してる言葉
あれが最後の最後ではまることに。でもあの言葉覚えてる人
少ないとおもうけどね。昨日の日テレのドラマでも省かれてた
気がするし。

「きんにくらいだー」出てこないのは残念。

気が向いたら(頭がまとまったら)ネタバレ記事書くかも
ていうか既に堂々とネタバレしてる人いっぱいいるんだけど。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

TOP
THIS IS IT at IMAXシアター
IMAX菖蒲での鑑賞終わりました

まず、ユナイテッドシネマ版との違いをいくつか挙げてみます。

余計な予告がない
IMAXシアターはデジタル専用のスクリーンなので
フィルム映写機がありません。
当然ながらデジタルデータ化されていない映像は映せません。
結果的にはIMAXロゴと近隣の車屋のCMと近日公開の
IMAX上映作品の予告以外は流れず、いきなり本編が始まりました。

すぐに本編を観たい人にはGoodです。
リピーターの人も安心ですkao01

映像が映し出される領域が広い
通常の映画館のスクリーンはふち(?)が広くて画面が狭い昔のテレビ
IMAXのスクリーンはふちが小さくて画面が広い最近のテレビといった感じ。
縦にも横にもめいっぱいにスクリーンが広がっています。

元がデジタル制作の映像ならばかなり高画質です。
THIS IS ITでいうと3D映画用とおもわれるThrillerのデモムービーや
Earth Songの自然破壊をモチーフにしたデモムービーなどです。
これらは細かいところまで綺麗でした。

They Don't Care About Usに使われたCG合成の
兵隊ダンサーのシーンもIMAXのスクリーンだと見応えあります^^

音に深みがある
上映開始直後のサウンドロゴ(IMAXのすごさを伝えるデモ映像とともに出るロゴ)
を観る限り、なかなか迫力のある音が出ます。
元の映像の音質にも関係しますけども。。。
THIS IS ITで印象に残ったのは、Smooth Criminalの
デモ映像のラストで弾丸が観客方向に貫通していくシーン。
飛んで行く弾丸が頭の後ろに飛んで行くように聞こえるのですが
IMAXだと音の解像度が高いからかなんなのか、よりリアルに感じました。
少しキャプテンE.O.の感覚を思い出した。

施設的な違いは大きくこの二つ
あと、一つ気になる点として「字幕処理」があります。
ユナイテッドシネマで観た時と比べて、IMAX版では
特に縦書き字幕のタイミングのずれが顕著でした。

そういえば、感想が書かれたブログなどをみていた時に
"字幕のミスがあった"というのを書いている人が居ました。
初日に観たユナイテッドシネマ版ではミスといえるような
妙なタイミングでの表示はなかったのでおかしいなと思っていたんです。

例えば、インタビューなどで映像の人物が次の文節に進もうかと
いうところで一瞬だけ字幕が出てすぐ次の文章の字幕になってしまい
結局何が書いてあったのかよくわからないといった具合です。
最初にずれを感じたのは「トースト」のところ。
(わからない人は映画観てください)

ユナイテッドシネマ版では人物の話し始めと同じタイミングで
字幕が出たけど、IMAXではそこはまるまる出なかった気がする。

もしかして映画館の機材が処理落ちしてる?・・・わけはないか
音声はスキップしたりしてないわけだし。謎です。

英語がまるきりわからない人はIMAXで初THIS IS ITはやめたほうがいいです。

字幕翻訳を担当した方のブログかなにかに
「一度しか映像観られなくて時間がなかった」とあったのですが
素人がみても「もう少し違う表現が良かったのでは?」という
訳が結構ありました。

ちょっと気になった部分では後半の「撮影のデッドラインが~」という
監督の台詞ですかね。deadlineをそのままカタカナにしただけです。
これはもともと出版の世界で主に使われる言葉で"締め切り"のことです。
映像と前後のニュアンスでまぁわかるけど、文字数も節約できるし
ここは「締め切り」と訳せば良かったのではないかなぁ。

私がこの言葉に食いついた訳は・・・・過去の投稿をみればわかります(笑)

マイケルファン向けだから原語そのままても大丈夫だろうという
ことなのかもしれないんですが、普段あまり洋画など観なかったり
特にファンじゃないけどという人も観るわけなので、そこらをもう少し
考えてほしかった。

歌の訳詞もなんかおかしいところはあったけど、
それは訳す人のセンスの問題なので追求しないしする気もないです。
[続きを読む]

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

TOP
THIS IS MJ
初回上映を昨日観てきました

マイケルがあと二週間でも永く生きながらえていたらと悔やまれます。
本番が実現できていれば完璧なショーが(メディアやDVDなどで)観られていたのに。

タイトルが出たあとマイケルが動いている映像みて無意識に目に涙が浮かんでいました。
マイケル・ジャクソンは小学校高学年のときにキャプテンE.O.を
きっかけにCDを買ってからずっと聴いており
当時は確かBAD(Another Part of Me目当て)をヘビーループしてました。
同級生が光GENJIとかに熱狂してる頃だったかな
吹奏楽をやっていたので結構毎日音楽漬けの小学生でありましたkao02

もちろんムーンウォークも練習してました^^;
原理がわかってないのでめちゃめちゃだった記憶あり(笑)

ムーンウォークといえば、映画「ムーンウォーカー」が来月初旬より
上映されますが、「THIS IS IT」の中で映画「ムーンウォーカー」に
酷似するシーンがあります。そう、アノ曲です。
曲がはじまる前に流すはずだった凝った導入ムービーなのですが
これもよくできています。
最新技術を使ってすごく古くさい映像が創られていて楽しめるでしょう。
映画「ムーンウォーカー」を観たことが無い人はできれば観てから
「THIS IS IT」を観るとより楽しめます。

ムーンウォーカー [DVD]ムーンウォーカー [DVD]
(2009/07/08)
マイケル・ジャクソンジョー・ペシ

商品詳細を見る


DVDならじっくり観られますが、できれば来月に行われる
特別上映で劇場行って観るのがいいですね。

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]
(2005/12/07)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


ピンポイント座席指定可能 ユナイテッド・シネマ「U-ONLINE」



テーマ:マイケル・ジャクソン - ジャンル:音楽

TOP
ターミネーター4鑑賞
T4パンフ
パンフレットとレジスタンスのマークが入ったポーチを購入

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

T4観てきました@ユナイテッドシネマ浦和

パンフレットでクリスチャン・ベイルが「T3は失敗作だ」みたいなことを
書いていました^^;;

最初は戦争映画風なのかとおもいきや、確かに登場人物は
軍人が主ですが、アクションもありハートフルなシーンもあり
ほんのりとT2を思い起こさせるようなシーンもあったり、
エンターテイメントとして良く出来上がっていました。

以下、ネタばれを含んだ感想

[続きを読む]

テーマ:ターミネーター4 - ジャンル:映画

TOP

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recommend CD


---
閃光花火
「記憶はいつまでも君に残る」
amazon.co.jp

---
瞬間リアライズ
「瞬間リアライズ」
---
KusKus
「恋模様」
---
矢島舞依
「シグナル」
---

---

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。